×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性の性病が悪化すると?

女性が注意すべき性病

女性性器の卵管は、子宮の両端から伸びている細い管ですが、その部分が炎症を起こすことがあります。原因は、細菌感染が多いのですが、近年クラジミア感染による卵管炎が多くなっています。クラジミアは、子宮頸部に感染して、子宮頚管炎を起こしていきますが、進行していくと卵管炎を起こしてきますし、広範囲に拡大していくと骨盤腹膜炎になります。クラジミア以外では、淋菌や、大腸菌、その他の雑菌によって卵管炎を起こすことがありますが、クラジミアと淋菌によって引き起こされている場合が多いです。クラジミアに感染しても初期で治療を行なえば、卵管炎になることは少ないのですが、問題はクラジミアの自覚症状にありまして、自覚することがほとんどありません。女性の場合は、おりものの量が増えたり、血が混ざることがるのですが、体調などによって左右されたり、個々の生理などの状況で変わってきますから、自覚出来ずに症状が進行してしまいます。性器周辺で痛みを感じたり、性行為の時に痛みを感じることもありますが、それも放置してしまうと、骨盤腹膜炎になり、発熱したり、歩くだけでも痛みが生じることがあります。卵管炎までは、自覚できない人が多く、卵管がうまく機能しない為に不妊になってしまうこともありますが、卵管の途中で癒着を起こして卵管妊娠と言われる子宮外妊娠になることも考えられますが、その場合は卵管が破裂してしまうことがありますし、母体に危険が伴います。感染を疑われる場合は、検査をすると良いでしょう。


肥満のメカニズム

性病検査キット.com