×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

疥癬に感染したときに症状

疥癬の感染経路や症状

疥癬はダニの一種で、寄生虫の感染病になります。疥癬の感染経路は主に性交渉だと言われているのですが、これ以外にも疥癬に感染している人が使用している寝具で寝たりすると感染する場合があります。そのため公共施設などで感染してしまうケースも多く、特に免疫力が低下しているご高齢者が集団で生活してるような場所で感染経路が広がってしまうと言われています。また、疥癬には疥癬の原因なっているダニが数百万匹に増えてしてしまう事もあり、この場には、ノルウェー疥癬と言う症状になります。

 

疥癬の症状としては、感染した部分にカビが生えたような状態となり、小さな発疹沢山出来てしまいます。しかし、性器の部分に疥癬が感染してしまうと、この発疹も大きく大豆ほどの大きさになると言われています。この他、指の関節や脇に症状が出る場合があり、夜間には非常に強い痒みが出てしまうと言われています。家族に疥癬に感染している人がいると、あっという間に家族全員に広がってしまいますので早期発見と早期治療が必要になります。疥癬の治療にはまず痒みを抑えるための軟膏が用いられますが、この他にダニそのものを殺虫する効果を持っている軟膏を使っていきます。

 

また、疥癬によって発熱を伴う場合があるので、このケースでは解熱剤を使用して熱を下げていきます。疥癬を治療しても寝具などからピンポン感染するので毎日使っている寝具の洗濯などもしっかりとこまめな洗濯を行い、清潔を心がけなくてはなりません。疥癬はダニが原因だからと言って、家の中に殺虫剤を撒く人がいますが、疥癬の原因となっているダニに関して殺虫剤は効果を発揮しないのでこまめな掃除が最も重要になります。


肥満のメカニズム

性病検査キット.com