×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エイズという性病

エイズについて

エイズは現在最も怖い病気として知られています。エイズの正式名称としては後天性免疫不全症候群と言うものになります。エイズの感染経路としては性交渉が最も多いと言われているのですが、これ以外にも粘膜感染をするので傷があると感染してしまう可能性があります。エイズは感染してから発症するまでの期間が異常に長く、忘れた頃に症状が出てしまうと言われているので、いつ感染したのかを特定するのは難しいと言われています。

 

エイズの症状としては、体中に湿疹が出てしまうなどがあります。更に進行すると皮膚が壊死してしまうために治療を行うのが難しくなってきます。現在エイズの発症を遅らせたり、症状の進行を遅らせたりするような薬が開発されていますが、エイズそのものを完治させる薬は発見されていません。また、エイズは感染する時期が限られていて、自分が感染してから2週間程度だと言われています。この時期を過ぎると潜伏期間となり、他人に対して感染させてしまう恐れが少なくなると言われているのですが、こうした事で更に発見が遅くなってしまう場合があります。

 

エイズは、定期的な血液検査を行っていれば発見することも可能ですが、例えば輸血を行った場合など自分がエイズに感染している事が検査の結果でわかっても、知らせてくれる訳では無いのでここでも注意が必要になります。症状としては、体の倦怠感や急に体重が減ってしまうと言ったものになります。この時期になると帯状疱疹が繰り返されたり、過呼吸や口内炎が頻発などが現れてくるようです。


肥満のメカニズム

性病検査キット.com