×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エイズという性病

カポジ肉腫とは?

性病のなかでもエイズは恐れられている病気です。エイズウィルスに感染した人が発症する症状として、カポジ肉腫が現れることが知れています。カポジ肉腫はエイズウイルスが変化したものと言われていますが、以前は腫瘍の一つとして認識されていました。しかし、エイズに関しての研究が進んでいくに連れて、エイズに感染してしまい、免疫力が極端に低下した際に、カポジ肉腫関連ヘルペスウイルスが発症する事がわかりました。カポジ肉腫というのは、日本人での発症は少なく、主にアフリカやユダヤなどと言われていますが、エイズ患者以外にも病気によって臓器提供を受けていたりする事で発症してしまう可能性があります。カポジ肉腫は体の様々な所に紫色の斑点ができ、その斑点が大きな腫瘍に変わっていきます。カポジ肉腫が内臓などに出てしまうと、内臓からの出血があります。

カポジ肉腫の治療法は?

カポジ肉腫が出来てしまった場合にはどのように治療を行っていくのかと言うと、まずは液体窒素を使って治療を行っていきます。液体窒素によりカポジ肉腫を凍結させてから取り除くという治療方法になりますが、これでも中々効果が現れない場合や、カポジ肉腫そのものが沢山出来ているという場合には、放射線による治療を行っていきます。また、カポジ肉腫が一つしか無いと言う場合などは、治療をせずに経過を観察するという診断を行う医師もいます。エイズウイルスによって症状が出てきてしまうと体内の免疫力が極端に低下し、次から次にカポジ肉腫が出来てしまう事があるので、主に放射線による治療を行っていくようです。また、この時にカポジ肉腫そのものを治療していく事以外にも、体内の免疫力を高めていくような治療も行っていきます。


肥満のメカニズム

性病検査キット.com